ボリンジャーバンドの使用方法


本日はテクニカル分析を行う上でエントリーポイント、ストップロス、リミットを決定する目安に非常に使用しやすいボリンジャーバンドをご説明します。

ボリンジャーバンドとは何か。中心である移動平均線の両側面に1つ、2つの線が引いてあるテクニカル分析ツールです。ボリンジャーバンドは先に述べた移動平均線の両側面のラインまで値が移動する可能性を示してくれるので先程も伝えましたが、エントリーポイント、ストップ、リミットのおおよその目安になりやすいでしょう。

sdf77ボリンジャーバンドのラインを大幅に抜いた時は、その時点から戻りがあるケースが多くあり、そのタイミングを狙ってエントリーすることが逆張りを使ったベストかつ容易な投資法とも言える。考え違いをしてはいけないのは必ず「大きく抜けた場合」であり、ライン上に留まっている時はもっとその方向へ流れる可能性が高くなってしまいます。

そして大きく抜けたケースでも戻りが移動平均線まで到着しない事が多々あるので、ストップの設定は絶対にする必要があります。 あくまでもボリンジャーバンドを使用した逆張りになるため、 長い目で見れば損失を受ける可能性がとても高いからです。

リスクを減らし、ボリンジャーバンドを最大限に有効的活用をする場合には エントリーのポイントではありません。ストップ、リミットの設定の大まかな目安にするべきです。

ストップの設定自体はボリンジャーバンドのライン上より多少深めに設定しておくといいです。ボリンジャーバンドで跳ね返る場合があるため、苦い思いをしたくない人はどうか少し深めを推奨します。

リミットの設定は反対に浅めを考慮したほうが戻りを考える必要がないので、FX初心者のやり方として、そちらをオススメします。 また逆に大幅に突き抜けた場合も瞬時に利確し、戻りでの利益の減少を無くす方がベストでしょう。

ボリンジャーバンドは大変優秀なテクニカル分析ツールであり、かつプロのトレーダーは大抵の方が使用しています。使用方法はそれぞれ皆違いますが、分析力を極めれば絶対にボリンジャーバンドを巧みに使いこなせると思います。取引ツールと言えば、MT4のfxも効果的です。是非おすすめのハイローオーストラリアで使用してみて下さい。