レバレッジで大きな利益を掴む


FX取引での最大の魅力の一つは、小さな資金で大きな利益が得られる、レバレッジという設定の存在に他ならないでしょう。

レバレッジは、FX業者に開設する取引専用口座に投資家が証拠金を預け入れ、その証拠金を保障にすることで、実際の取引きの際に、投資金額で扱える通貨よりも大きな通貨を取り扱えるようにする仕組みになります。

このレバレッジが使える大きさは、取引業者によって様々なのですが、国内の取引業者では最大で25倍まで、海外の取引業者では数千倍ものレバレッジを効かせることが可能で、これにより、小さな投資金額で取引きを行ったり、小さな値動きの為替相場でも十分な利益を出すことができます。

例えば、アメリカの米ドルが1ドル100円の為替相場で、1万ドル分のドルを買いたい場合は、100万円が必要になりますが、レバレッジを国内最大の25倍で用いれば、この必要な投資金額が4万円で済むことになります。
さすがに一度の取引きに100万円を投資することは難しいと思いますが、4万円であれば投資が行える範疇に収まります。

この米ドルと円の為替相場が変動し、1ドルが102円になると、1万ドルの価値は102万円になるため、4万円にレバレッジ25倍を掛けていれば4万円に対して2万円の利益となり、対して、100万円でレバレッジ無しの取引きでは100万円に対して2万円の利益となるため、その利益の率も大きく変わるのです。

なお、この1万ドル分のドルを買うという設定は、FX取引でよく用いられる最少取引通貨単位に基づいたもので、多くの業者では一番小さな取引きを1万通貨単位で行っていることがほとんどで、レバレッジを使わない取引の場合は、このぐらいの投資資金が一回でかかることになります。
また、1ドルが100円から102円になったレート変動は、一日の米ドルと円の為替相場の標準的な値動き幅を参考にしていて、為替レートの変動は大きく動いてもおよそ2円程度となっているため、取り扱う通貨量が少ない場合はその利益の少なくなります。

こうした事で、FX取引には欠かすことのできないレバレッジなのですが、こうしたメリットの反面、デメリットも存在しているのです。

例えば、先ほどの例で言えば、4万円の投資で2万円の利益が出ましたが、あの時の為替レートの2円の変動が、102円ではなく98円になるように動いていた場合には、4万円の投資で2万円の損失になり、手持ちの資金がいきなり半減してしまうことになるのです。

このように、レバレッジは使い方を間違うと大きな損失を呼び込むことになるため、これを使う場合には、自分の投資資金の2%から5%以内を一回の投資金額とし、また、為替レートが損失の方向に動き出した場合には、すぐにそこで通貨を決済する損切りを心がけていくのがよいでしょう。