FXは少ない資金で始められる


FXは金融商品であり、通貨を銘柄にして外国為替市場の為替相場を舞台にして投資取引を行うものになります。

投資取引と言うと、例えば不動産の売買や株取引のように、大きな資産が無くては行えないようなものであるというイメージが強いと思いますが、FXでは小規模な初期費用や、少ない投資資金で取引きを行うことができます。

FXでは、少ない資金で投資を行うために様々な仕組みが用意されており、その一つがレバレッジというものになります。
レバレッジは、FX取引業者に証拠金を預けることにより、その証拠金を担保として投資資金を取引業者から資金を融通してもらい、より大きな取引きを行える仕組みです。

レバレッジは取引規制のある国内では最大設定で25倍まで、海外業者では規制外のために数千倍という設定が用意されている場合があり、投資をした金額をこのレバレッジで倍化し、より大きな通貨を取り扱うことができるようにします。

例えば1ドル100円の為替相場があり、このドルを1万ドル分買おうとした場合は、通常であれば100万円がかかるわけですが、このレバレッジを国内最大の25倍で使えば、それが4万円の投資で同じ取り引きが行えるようになります。

また、FXには最少通貨取引単位というものが設定されており、通貨の取引きを行うためにはこの大きさの分量からしか取り扱いができず、この単位数が取引きにかかる投資金額に影響をあたえています。

以前は1万通貨単位の取引きが多く、これが投資金の大きさに関わっていたのですが、最近では5000通貨、1000通貨といった最少通貨取引単位が出始め、中には100通貨、1通貨でも取引きが行えるというFX業者も現れました。

このことにより、例えば先の例を1000通貨単位の取引きで考えた場合、レバレッジも使用すればわずか4000円で投資が行えることになります。
取り扱いの通貨の額面が小さくなれば、もちろん一回の取引きで得られる利益も小さくなるのですが、しっかりと損失を抑えて投資を続けていけば、副業的な資金であっても資産運用ができます。

特に、投資を始めたばかりの初心者であれば、こうした小さな資金の投資で取引きを繰り返しながら、為替相場の状況や取引きの経験を積んでいくことができるのです。

このように、レバレッジと最少取引通貨単位を使い分けていきながら、小さな投資で利益を積み上げていくことは、FXを行っていくことにおいて、とても重要なことになります。
例え少額の取引きであっても、その投資の方法論や思考などは、高額の取引きと全く変わりません。

こうしたリスクの小さな取引きで経験を積んでいけば、たとえ取引金額の桁数が増えたとしても、いきなり大きな金額から取引きを行うよりは、心理的な動揺も少なくなるために、その成功率も増すでしょう。

FXの取引きを行うためには、取引業者と契約を結んで、証拠金や投資で得た利益の払い出しなどを受けるための取引口座を開設する必要があるのですが、この取引業者によってこうした取引単位などの設定には違いがありますので、その選考に対しては良く考える必要があります。
まずは取引業者のウェブページなどを見て回り、こうした設定などを確認することをお勧めします。